徒然なる日々とか趣味とかを書き連ねる場所

蒼穹のファフナーが劇場版として公開していたとな


知らなかったぁ!!知らなかったよぉぉぉ!
なんてこった!俺の人生で三本指に入るアニメの情報を見逃していたとは!!不覚!不覚ぅ!!
思えば、初めてアニメ見て泣いたのはこの作品が初めてだった。
テーマの深さ、キャラクター、いろんなものが人生で至高の作品として輝いてるこれのことを知らなかったとはまことに不覚!
ちなみに好きなキャラは羽佐間カノン(旧名カノン・メンフィス)不器用なとことかいいと思います!
声担当の小林早苗さんも好きだしね!
予告編では髪伸ばしてたね、似合いますとも!!
そしてファフナーに乗って叫んでるところ、かっこいいよ!
戦士ですからな彼女は…ニヤリ
しかし近場では公開してない…知ってたら連休で札幌行ったのにちくしょう…
というか上映終わってるし(;-ω-)
BD出るまで待つしかないのか…うぅ劇場で見たかったorz
悔しいのでヤフオクでパンフと宣伝チラシ購入、いいもん!べ、別に悔しくないんだからね!!
主題歌の「蒼穹」もすげぇ!さすがangela
サビの部分で鳥肌たったよw
そしてまた神作者がテイルズMAD作ってくれた↓


テレビシリーズのDVD-BOXも限定発売みたいだな、これを期に購入しよう。
しかしなんでBD-BOXじゃないんだろう…?

なんだこの魔法少女


今ニコニコ動画で放送中の魔法少女まどか☆マギカ。
普通魔法少女物ってファンタジックなほのぼの感があるものだと思ってた。
でも登録タグが…血だまりスケッチ…?
見てみたら…えぐい…
いや血みどろの戦いみたいなエグさじゃ無く、敵の絵がおどろおどろしいというか
なんか怖い、そしてこのエンディング。
エンディング曲の「Magia」作詞作曲者梶浦由記さんはMADLAXの挿入歌「nowhere」(ヤンマーニ)などが有名の人で今回も神曲を作ってくれたと思うんだけど曲と歌詞が魔法少女っぽくないっていうかおどろおどろしい。
この曲作中の戦闘BGMにも使われててそれには合ってると思うんだが。
まぁ魔法少女になるに当たってどんな願いもかなえてくれるってあたりにものすごい等価交換の代償がある予感がする。聞いた話だと3話でもはや誰かが惨死するようなことを聞いたしうわぁ怖っ
あんま興味は無かったけど今期期待のアニメのひとつになりそうな予感。
今ならニコニコで一話二話視聴できます。

ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり

ゲート

不覚!不覚!不覚―ッ!!
よもや、こんなすばらしい異世界ファンタジー×ミリタリー作品を見過ごしていたとは!!
はい、漫画じゃないですよ~♪小説です。
大型コミックサイズで522ページを超える分厚いものですw
二日掛けて第一巻接触編を読破!
もうこれどストライクの脳天ぶちぬきものでしたwww
あらすじとしては東京銀座に異世界からの門が開きそこから騎士甲冑身につけた連中とかトロルとかゴブリンとかきて銀座はもうオマハビーチもびっくりの血の海、でもまぁそこは現代兵器で武装した自衛隊、ゴジラ相手じゃないからあっつーまに撃退して門の向こう側に橋頭堡を築くのだけど、情報不足のため偵察隊を出す。
オタク自衛官率いる偵察隊が、ドラゴンと戦ったり、金髪エルフや長門そっくり魔導師、ゴスロリ亜神ら異世界の美少女達といちゃいちゃしたりと、とにかく面白いw
もちろん現代兵器vs剣や弓もった現地軍の戦闘もあり、作者は元自衛官で描写などもばっちりw
銃器に詳しくない人でもわかるような説明入りなど異世界物が好きな人なら誰でも楽しめると思いますw
政治面でもしっかりできてて異世界の潤沢な資源に目をつけたアメリカとか中国とかが一枚食わせろと来るのもお約束。
また、陸自のヘリ部隊隊員が出撃時に「ワーグナーのCDと大音量のスピーカー用意しました」とかいうのも作者の人はわかってらっしゃる!と歓喜したwww
っとあんまり語らないでおこうw
とにかく面白かった、早速二巻と三巻も注文届くのが楽しみなりw

敬愛する野上先生が描いたファンアート↓
http://nogami.firstspear.com/?eid=1125473
一巻にあるイタリカという街での攻防戦を描いた一枚。
pixivだから見るには登録必要なのかな…?
ちなみにこれを見たときはまだこんなすばらしい作品とは気がつかずそのまま受け流し。
ううーもっと早く出会いたかったorz
プロフィール

スミキル

Author:スミキル
ミリタリー、雑魚娘、異世界もの好き。艦これ、永遠のアセリア、ゲートなどなど。最近の流行りは海兵隊とG3バトルライフル。まりんこゆみ勉強になるわ

メインページはこちら

永遠神剣シリーズ最新作
新約・永遠のアセリア 公式サイト
Twitter
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ